チンパンジーの他者行動理解

 取り上げるのがたいへん遅れてしまいましたが、チンパンジーの他者行動理解に関する研究(Myowa-Yamakoshi et al., 2012)が公表されました。ヒトが他者の行動を理解するさいには、単に物理的運動として理解するだけでなく、その他者の意図を推測して、その行動を目標指向行動として解釈しています。ヒトは、行動者からの情報を組み込んで、目標指向行動を観察する傾向がありますが、これがチンパンジーの成体には見られません。この研究は、俳優が目標指向行動と非目標指向行動を行う映像を、成人、生後8ヶ月と12ヶ月の乳児、チンパンジーの成体に見せる実験を行ない、視標追跡技術を用いて、被験者の眼球運動を比較しました。その結果、チンパンジーが、この2種類の行動の目標を同じ方法で予測していたのに対して、ヒトが目標指向行動を見るときには俳優の顔に頻繁に視線を向けていた、と明らかになりました。とくに乳児は、チンパンジーより有意に頻繁に視線を向けていました。この結果は、チンパンジーが、物体に関連した情報から行動目標を予測し、ヒトは、行動している者から意図を推測している可能性を示唆しています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


チンパンジーはどのようにして他者の行動を理解するのか

 成人とチンパンジーは同じように他者の行動を予測するが、ヒトの方がチンパンジーよりも頻繁に行動する者の顔に注意を向けることがわかった。この研究結果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。 ヒトが他者の行動を理解する際には、単に物理的運動として理解するだけでなく、その他者の意図を推測して、その行動を目標指向行動として解釈している。ヒトは、行動をする者からの情報を組み込んで、目標指向行動を観察する傾向があるが、これがチンパンジーの成体には見られない。今回、明和政子(みょうわ・まさこ)たちは、俳優が目標指向行動と非目標指向行動を行うビデオを成人と生後8か月と12か月の乳児、そしてチンパンジーの成体に見せる実験を行い、視標追跡技術を用いて、被験者の眼球運動を比較した。その結果、チンパンジーが、この2種類の行動の目標を同じ方法で予測していたのに対して、ヒトが目標指向行動を見るときには俳優の顔に頻繁に視線を向けていたことが判明した。特に乳児は、チンパンジーより有意に頻繁に視線を向けていた。この結果は、チンパンジーが、物体に関連した情報から行動目標を予測し、ヒトは、行動している者から意図を推測している可能性を示唆している。



参考文献:
Myowa-Yamakoshi M, Scola C, and Hirata S.(2012): Humans and chimpanzees attend differently to goal-directed actions. Nature Communications, 3, 693.
https://doi.org/10.1038/ncomms1695

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント