アフリカ南部の中期石器時代における石材の加熱処理

 アフリカ南部の中期石器時代における石材の加熱処理に関する研究(Schmidt et al., 2020)が公表されました。シルクリート(珪質礫岩)の加熱処理は一般的に、石器製作における石材の品質向上を目的とする技術的過程として理解されています。シルクリート加熱処理は、中期石器時代における「現代的」もしくは複雑な行動の早期事例として議論されてきました。この技術は南アフリカ共和国の南部と西部のケープ地域に限られています。アフリカ南部(南アフリカ共和国)におけるシルクリート加熱処理の起源に関しては、85000~5万年前頃のハウイソンズ・プールト(Howiesons Poort)遺跡での使用と、164000年前頃までさかのぼるかもしれない、との見解も提示されています(関連記事)。

 ただ、16万年前頃にはアフリカ南部でシルクリートの使用は一般的に稀だった、と指摘されています。南アフリカ共和国南岸のピナクルポイント(Pinnacle Point)遺跡を除いて、13万年前頃以前にはシルクリートの本格的な使用は確認されておらず、ケープ沿岸地帯以外ではまったく存在しません。南アフリカ共和国の8万~7万年前頃となるスティルベイ(Stillbay)遺跡よりも新しい中期石器時代遺跡のシルクリートでは、加熱処理の事例が多く確認されています。少なくともスティルベイ以降では、加熱処理はシルクリートを用いての石器製作において重要な過程だったようです。

 ただ、加熱処理に関しては、石材を打ち砕くためというよりも、その前に石材を小さいサイズに割るために用いられた、との見解も提示されています。また、野火や意図的な燃焼による遺跡整備の結果として、意図せずシルクリートが加熱された、との見解も提示されています。本論文はこれらの見解も考慮して、南アフリカ共和国に位置する、シルクリートも含む最初期の中期石器時代遺跡と、中期石器時代よりも前の遺跡におけるシルクリートを比較しました。前者は13万~119000年前頃のホエジェスパント1(Hoedjiespunt 1)遺跡(HDP1)で、後者は40万~20万年前頃となる前期石器時代のアシューリアン(Acheulian)後期のデュイネフォンテイン2(Duinefontein 2)遺跡(DFT2)です。

 分析の結果、DFT2のシルクリートには加熱処理の痕跡が見られない一方で、HDP1のシルクリートでは加熱処理が確認されました。本論文は、前期石器時代において加熱処理が行なわれた可能性はきわめて低い、と指摘します。一方、HDP1の石器群の70%近くでは加熱処理が確認されており、南アフリカ共和国の西部および南部沿岸に位置するほとんどの中期石器時代遺跡での観察と一致します。そのため本論文は、13万~119000年前頃までには、シルクリートの加熱処理技術は完全に習得されており、その後でこの技術利用に大きな変化はなかった、と指摘します。

 本論文は、シルクリートの加熱処理技術の開発は40万~20万年前頃と13万年前頃との間で起きた、と推測します。本論文はこれについて、この期間に現生人類(Homo sapiens)がアフリカにおいて大きな役割を果たし始めたこととの関連を指摘します。上述のように、シルクリートの加熱処理はケープ沿岸地域において164000年前頃までさかのぼる可能性が指摘されています。ただ本論文は、その証拠は不確実なので、シルクリートの加熱処理技術のより正確な起源については、将来の発見が必要になる、と指摘します。

 13万年前頃以降、シルクリートの使用は高頻度の加熱処理と相関しているようですが、加熱処理なしでシルクリートが石材として用いられることもありました。そのため、加熱処理技術の開発・使用目的が石器製作の品質改善だったのか、断定はできない、と本論文は指摘します。上述のように、加熱処理技術は石材を割ってより小さいサイズにするために開発・使用された、との見解もあります。これは当時の人類の「現代性」や計画性の理解とも関わっており、今後の研究の進展が注目されます。

 中期石器時代のアフリカ南部にはホモ・ナレディ(Homo naledi)のように現生人類とは大きく異なると考えられる系統の人類も存在しており(関連記事)、現生人類とネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)の共通祖先系統と102万~36万年前頃に分岐し、現代アフリカ西部集団の祖先と124000年前頃以降に交雑して、そのゲノムに2~19%ほど寄与している、と推定されている遺伝学的に未知の人類系統が存在した可能性も指摘されています(関連記事)。その意味で、加熱処理技術の開発・使用に関わっていたのが(ある程度広義の)現生人類系統のみだった、とは断定できないかもしれませんが、現生人類が使用していたことは間違いないでしょう。


参考文献:
Schmidt P. et al.(2020): When was silcrete heat treatment invented in South Africa? Palgrave Communications, 6, 73.
https://doi.org/10.1038/s41599-020-0454-z

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント