日本語とオーストロネシア語族との関係

 日本語とオーストロネシア語族との関係を指摘した研究(崎山., 2001)を読みました。もう20年近く前(2001年)の論文となるので、あるいは近年の言語学の知見を踏まえてかなりの修正が必要になるかもしれませんが、近年大きく発展した古代DNA研究、とくに、今年(2020年)になって飛躍的に進展したアジア東部の古代DNA研究(関連記事)の観点からもと興味深い内容なので、取り上げます。


 複数の言語が接触すると、接触したそれぞれの言語の文法部分に変化が現われる場合もあれば、各言語の文法部分が提供され、新たな一つの言語が生みだされる場合もあります。後者は混合語と呼ばれ、ピジンあるいはクリオール(母語となったピジン)はその一例です。混合のため文法のどの部分が提供されるかは、接触した各言語ごとに異なりますが、あらゆる部分からの供出が起こるこ、と明らかになっています。また、接触する言語の特徴により、ピジン化や混合の仕方も一様ではありません。したがって、言語混合は先住民に匹敵する量の外来者がないと不可能とか、文法と単語が別の系統から来るのは難しいとかいった見解は成立しない、と本論文は指摘します。

 ピジンは言語混合の一つのあり方で、言語混合と同義で論じるべきではありません。ピジンには横浜ピジンのような一世代的(片言的)な形態からオセアニアのメラネシア・ピジンのように約300万人により使用される国家語まで多様です。元の言語の話し手にとって、ピジン化した新しい言語は、元の言語が単純化した(舌足らずの)ように聞こえます。ピジンは元の言語の非体系的部分の合理化を行なっている場合も少なくありません。ピジンは表現可能な内容が限定された不完全な言語である、との見解は言語学でも根強く存在します。これまで比較言語学では、一言語における歴史的な混合という現象が原則として認められてきませんでした。混合言語を認めることは、比較言語学の依拠する「語族」という概念の成立基盤を揺るがしかねない危険思想でもあるからです。したがって言語学では今でも、混合の事実は認めるとしても、「混合はピジン英語や隠語にみられる程度」との見解もあります。

 本論文は、日本語とオーストロネシア語族など他言語との比較から、日本語は混合言語として形成された、と主張します。そのさいに重要な影響を与えたのがオーストロネシア語族で、そのうち、語彙面では西部マレー・ポリネシア語派の要素が多く残る一方で、文法面ではオセアニア語派の特徴が顕著である、と本書は指摘します。本論文はこれに関して、縄文時代中期から古墳時代までの3000年間、オーストロネシア語族が波状的に渡来したことに起因する、と推測します。

 日本語の形成に関与したもう一方の言語として本論文が想定するのは、ツングース語族です。古代日本語は動詞・形容詞の活用語尾の多くをツングース語族に負っている、と本論文は指摘します。上代および現代日本語では連体修飾に二つの語順が存在しますが、これは言語混合の可能性がある、と本論文は指摘します。日本語において、原オーストロネシア語の人称代名詞一人称複数の包括・排除の区別が失われたのは言語接触に基づき、これは日本語の形成における深い混合の跡を反映している、と本論文は推測します。ただ本論文は、民族学的にツングース民族は、紀元前千年紀にアジア東部に拡散した、いわゆるアルタイ化の担い手で、日本列島が本格的にアルタイ化するのは弥生時代からと推定されているので、縄文後晩期とは約3000年の間隙があり、言語混合の開始の時期など今後解明すべき問題はまだ残っている、と指摘します。


 本論文はこのように主張しますが、近年の古代DNA研究の進展を踏まえると、日本語とオーストロネシア語族との関係はたいへん注目されます。日本列島の現代人集団は、大別すると、北海道のアイヌ、本州・四国・九州を中心とする「本土」、南方諸島の琉球に三区分されます。このうち、日本語と琉球語は、方言なのか同じ語族の別言語なのか、まだ決定的になっていませんが、同一系統の言語であることは間違いないでしょう。以下、まとめて日本語として扱います。一方アイヌ語は、日本語とは大きく異なる系統の言語です。日本語とオーストロネシア語族との関係で注目される古代DNA研究に関しては、アジア東部現代人集団がどのように形成されてきたのか、現時点で最も優れていると私が考えているモデルの概要を以下に述べます(関連記事)。

 非アフリカ系現代人の主要な遺伝的祖先となった出アフリカ現生人類(Homo sapiens)集団はまず、ユーラシア東部系統と西部系統に分岐し、ユーラシア東部系統は南方系統と北方系統に分岐します。ユーラシア東部南方系統に位置づけられるのは、現代人ではパプア人やオーストラリア先住民やアンダマン諸島人、古代人ではアジア南東部狩猟採集民のホアビン文化(Hòabìnhian)集団です。一方、ユーラシア東部北方系統からはアジア東部系統が分岐し、アジア東部系統はさらに南方系統と北方系統に分岐します。アジア南東部北方系統は新石器時代黄河地域集団、アジア東部南方系統は新石器時代の福建省や台湾の集団(おそらくは長江流域新石器時代集団も)に代表され、オーストロネシア語族現代人の主要な祖先集団(祖型オーストロネシア語族集団)です(関連記事)。現代において、日本列島「本土集団」や漢人やチベット人などアジア東部現代人集団の主要な遺伝的祖先はアジア東部北方系統ですが、漢人は北部から南部への遺伝的勾配で特徴づけられ、チベット人はユーラシア東部南方系統との、日本列島「本土集団」は「縄文人(縄文文化関連個体群)」との混合により形成されました。「縄文人」は、ユーラシア東部南方系統(45%)とアジア東部南方系統(55%)との混合と推定されています。

 これらの古代DNA研究の成果を踏まえると、縄文人はアジア東部南方系統の共有という点で、祖型オーストロネシア語族集団と遺伝的に近い関係にある、と言えます。つまり、縄文人の言語が祖型オーストロネシア語族と近縁だった、あるいは一定以上の影響を受けた可能性があるわけです。縄文人がどのように形成されたのか不明ですが、縄文人の大まかな形態は、細かな地域差・時期差が指摘されているとはいえ、地域では北海道から九州まで、年代は早期から晩期前半までほとんど同一で、縄文人と同じ形態の人類集団は日本列島以外に存在しないことから、日本列島における独自の混合により形成された可能性が高そうです(関連記事)。

 そこで問題となるのが、日本列島現代人において最も縄文人の遺伝的影響が強く残っていると推定されているアイヌ集団(関連記事)の言語(アイヌ語)とオーストロネシア語族との関係です。これについて、近年の言語学の知見をまったく知らないので、的外れな発言になるかもしれませんが、2005年の論文(橋尾., 2005)でも、アイヌ語とオーストロネシア語族が同系かもしれないと指摘されていることから、アイヌ語がオーストロネシア語族と近縁な関係にあるというか、祖型オーストロネシア語族の影響を一定以上残している、とも考えられます。その意味でも、縄文人の言語が祖型オーストロネシア語族と近縁だった、あるいは一定以上の影響を受けた可能性は、真剣に検証すべきではないか、と思います。

 日本語とアイヌ語が大きく異なることに関しては、日本語もアイヌ語も祖型オーストロネシア語族と別系統の言語との混合により形成され、分岐してから長い時間が経ったことにより説明できるように思いますが、言語学の知見は皆無に近いので、的外れなことを言っているかもしれません。さらに、アジア東部南方系統でも、アイヌ集団の主要な祖先と祖型オーストロネシア語族集団の主要な祖先との分岐が更新世だとしたら、言語学で指摘されているアイヌ語とオーストロネシア語族の共通性が検出されるには古すぎるかもしれない、という問題もあります。ただ、言語学でも議論が分かれるくらいの共通性となると、更新世の分岐でも不思議ではないかもしれませんが、門外漢の思いつきにすぎません。

 上述のように、日本語がオーストロネシア語族とツングース語族との混合により形成されたとすると、その融合がいつだったのかが問題となりますが、日本列島にツングース語族をもたらしたのは、弥生時代以降に日本列島にアジア東部北方系統をもたらした集団である可能性が高いように思います。しかし、シナ・チベット語族はアジア東部北方系統集団に由来する可能性が高い、と指摘されています(関連記事)。この問題をどう説明すべきか、以前にも一度試みたものの(関連記事)、とても確信は持てません。それでも、以下で改めて私見を述べます。

 この問題で参考になりそうなのは、バヌアツの事例です(関連記事)。遺伝的には、バヌアツの最初期の住民はオーストロネシア系集団でしたが、現代バヌアツ人はパプア系集団の影響力がたいへん大きくなっています。しかし、現代バヌアツ人の言語は、パプア諸語ではなくオーストロネシア諸語のままです。アジア東部北方系統集団は、拡散の過程で朝鮮半島や日本列島などにおいて大きな遺伝的影響を現代人集団に残しましたが、その過程で先住民の言語が置換されず、基本的には継承されたかもしれない、というわけです。この想定が妥当だとすると、アジア東部北方系統集団はアジア北東部への拡散の過程で、ツングース語族集団と混合し、その言語を継承して日本列島へと到来した、と考えられます。日本列島でも、先住の縄文人よりもこのツングース語族集団の方が現代「本土集団」には大きな遺伝的影響を残していますが、だからといって遺伝的に優勢な集団の言語により置換されたのではなく、独自の混合言語が成立した、というわけです。これを基盤に、漢字文化の導入にともなって漢語の影響も受けつつ、日本語が成立していった、と考えられます。

 あるいは、アジア東部北方系統集団の言語は、後にはシナ・チベット語族におおむね一元化されたものの、新石器時代のある時点までは多様だった、とも考えられます。集団の遺伝的構造と言語が相関しているとは限りませんから、最終氷期極大期(Last Glacial Maximum、略してLGM)による分断・孤立で言語が多様化していき、その後の融合過程で遺伝的にはアジア東部北方系が成立したものの、その言語は均質ではなく、日本語や朝鮮語に影響を与えた諸言語も含まれていた、という想定です。チベットに拡散したアジア東部北方系統集団の言語はシナ・チベット語族で、朝鮮半島やさらに日本列島に向かった集団の言語は大きく異なっていた、というわけです。

 別の可能性として考えられるのは、日本語の形成にさいしてオーストロネシア語族の影響をもたらしたのは、弥生時代以降に日本列島に到来した稲作農耕民集団だった、という想定です。黄河中下流域集団では、中期~後期新石器時代に、稲作農耕の痕跡顕著な増加とともに、遺伝的にはアジア東部南方系統の割合の上昇が指摘されています(関連記事)。黄河中下流域への稲作の導入が、長江流域など中国南部のアジア東部南方系統集団の一定以上の移住を伴っていたとすると、日本列島に稲作をもたらした集団の言語に祖型オーストロネシア語族の影響が残り、それが弥生時代以降に日本列島に到来した可能性も考えられます。縄文人の言語とは別の経路で、日本語に祖型オーストロネシア語族の影響が伝わっている、というわけです。

 ここまで色々と憶測してきましたが、言語学の知見が皆無に近いので、最近の研究を踏まえておらず、的外れな見解になってしまったかもしれません。ただ、今となってはやや古いとはいえ、言語学の見解と最近の古代DNA研究とが符合するところもあるのではないかと考え、一度私見を述べておこうと思い立った次第です。縄文人の言語に祖型オーストロネシア語族の影響があるとして、では縄文人のもう一方の主要な祖先であるユーラシア東部南方系統の言語はどのようなもので、縄文時代、あるいは現代に影響を残しているのかなど、調べねばならないことはまだ多いものの、それは今後の課題とします。


参考文献:
崎山理(2001)「オーストロネシア語族と日本語の系統関係」『国立民族学博物館研究報告誌』第25巻第4号P465-485
https://doi.org/10.15021/00004071

橋尾直和 (2005)「琉球語・アイヌ語・日本語諸方言とオーストロネシア語の若干の比較」『高知女子大学文化論叢』第7号P39-51
https://ci.nii.ac.jp/naid/120006541555

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

チェンジ
2020年09月23日 06:48
日本語混合言語ならこのサイトが面白いですよ。

http://www.jojikanehira.com/

ヤフー掲示板で教えてもらった比較言語学の人にはかなり不評でしたが。些細なところで間違いも多いらしくてそれで憤慨してましたが、管理人さんが文中でも触れたように混合言語と比較言語学って水と油っぽいですね。

稲作に関してはタミル語とのコメに関して類似性が指摘されてて、オースロアジア言語じゃないか?と見ています。このサイトの人もベトナムごとの類似性で語っています。

シナチベット語もう上手く解釈してて、歴史時代の漢字の導入の前に渤海辺りでウラルアルタイ系の言語と接触したのでは?と見ています。シナチベット語が日本に移住する前の弥生人に深く入り込んでいるって事です。

ただこの人北方ルート派なのでちょっと私は抵抗ありますが、逆に管理人さんには相性がいいかもしれません。

ただハプロではQじゃなくて、CD系が石刃石器の担い手だと見ています。まだ多分Q生まれてない。ウスチイシムのNOじゃないか?なら、困ったものです。あれ本当に無視できません。基本的には北方ルート主要集団ではないと見てますが、QだろうがCDだろうが、でも、NOなら話は違ってきます。

あれなんだろう?ってすごく不思議です。
チェンジ
2020年09月23日 07:01
シナチベットに関しては他にも私の書いていた寒冷適応がものすごく重要になってきます。ヴァイキングでも黒髪や乳糖分解酵素の淘汰があったような話がありましたが、あれらのように、遺伝的はちょっとズレる集団で、特定の遺伝子だけが同じように増えるって現象があると見ています。

紅山文化も、石器から農業系と狩猟採取系の両方の関与が指摘されてて、ちょうど中間地点に弥生人はルーツを持つと見ています。いわゆる遼河系集団と黄河集団の接触地域。

北方ルートと寒冷適応が私の中で大きく残った謎となっています。縄文人も中国南方系が農業をもたらしたのか?ははっきり知りたいと思っています。小豆や大豆さといもってのは怪しいんですよね。
チェンジ
2020年09月23日 07:07
後オーストロアジアの影響が小さい点ですが、渤海付近山東省北部のこめの限界を超えた地域での古い遺跡が見つかっていて、これが温帯ジャポニカじゃないか?って指摘してる人が居ます。

稲作集団がかなり早くに遼河集団に接触したため南方系の言語が消えてしまったのじゃないか?と見ています。じゃ日本にある熱帯ジャポニカはなんなんだ?となると、これ系統が異なる集団が持ってきたのでは?と見ています。

これも稲の北方ルートと直接海ルートってのがあり、この分岐が原因じゃないか?と見ています。ちなみに熱帯ジャポニカ遺伝的に日本のものは韓国には残っていません。
管理人
2020年09月24日 03:17
これは、ありがとうございます。バスク語のように遺伝的構造と言語が相関しない場合もあるので、私の言語学の知見があまりにも不足している現時点では、言語の分布・系統関係と遺伝学の知見を安易に関連づけないよう、自戒しなければならない、と改めて思った次第です。

稲に関しては、2016年の研究で、日本列島でも朝鮮半島でも、紀元前には後世よりもずっと遺伝的に多様だった、と示唆されているので、この観点から今後詳しく追いかけていかねばならないな、とは思っています。
チェンジ
2020年09月24日 05:31
ttps://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16251004/
(直アドレス張りは多少マナー違反かとH取っておきました)

代表の宮本さん、この人日本と絡むアジア古代農業なら多分私が知ってる中では一番詳しい人じゃないかと思います。東アジア全体で考古学的遺物をまとめて日本の農業の源流を探っています。稲に関しては古い情報がネットでは氾濫してて、この人だけ別格だと言うぐらい知見が最新のものばかりです。あまりにとがっているため逆に突飛な学者さんなのか?と言うと全然違います。ネットの情報は大半が古すぎるんです。

バスクはかなりやっかいです。私個人的には母系農業集団に男性草原集団が置換したと見ています。これは管理人さんも母親の言葉って話をしていたと思います。だからアナトリア農耕民だろうなと見ています。

かなり異端ですが、バスクとシナチベット語と同グループとする考えもあるようで、アナトリア農耕民の拡散みたいに私は見ています。ただ、管理人さんも指摘したように河南省に多い中央アジアハプロは回族のものかなと思い始めてもいます。

中央アジアの一部にバスクやシナチベット語と同グループだとする言語があって綺麗につながるんですよね。

日本語における遺伝と中国語の問題ってのは、多分遼河文明ですっきりするので、そんな難しい話だとは思ってないんですよ。何故寒冷適応が重要なのか?と言うと、単純な混血じゃなくて一部の混血で寒冷に適した遺伝子が適応的に後から広がったからだろうと見ています。

そのため元の中国北部に近い遺伝子が遼河の集団には色濃く残ったと見ています。そもそも遼河地域の集団の遺伝子がアムールと中国北部の中間にあると管理人さんも書いてましたよね。

遺伝的には近くても文化的にはアムール集団に近かったと見てるんですよ。細石器がちょうどこうなっていて、遼河の遺跡で東に行くほどアムール集団と近い細石器ばかりになっていきます。いわゆる西から東に向けて勾配する関係になっています。

じゃ何が難しいか?と言うと古代の遺跡ではN1Bが黄河文明では出ていて、他もNばかりなんですよ。今主流のO2は竜山文化で大量に出てきます。

人骨から西の集団がかなり東と比べて大柄なモンゴロイドの人骨だと分かっていて、中国人の平均的な身長の高さからもこの集団がO2集団だったのじゃないか?と見ています。じゃ遺伝的に差がでるだろう?なるのですが、だからこそアムール集団がどう広がったのか?が知りたいとずっと書いてたわけです。西部にいただろうO2もアムール集団との混血だったのじゃないかな?と。O2が古い時代に見つかるのは西部が多いんですよね。
チェンジ
2020年09月24日 05:54
ちょい分かりにくいですね。結局は管理人さんと同じで、遼河のとなりの黄河で黄河文明は大きな別の言語があったのじゃないか?と見てて、黄河文明ってとても範囲が広くて、山西省あたりにO2が多数出るのですが、河南省あたりだと人骨も小さくて多分違った集団だったと見ています。

同じと言うのはだから、言語として複数あったが統一されてしまったという事じゃないかと。遼河と黄河の間で大きな言語群があったけど、丸ごと消えてしまった可能性があるかと。シナチベットとウラルアルタイの隔絶した異質性みたいのはこれで多少は解けるのかな?

まあ新石器早期で黄河下流でO2が頻繁に見つかってないだけで、これから発見されてるのかもしれませんけど。O2がでないわけじゃないですよ。現代の割合からは全く違った様相だっただけです。

再度書きますが、紹介したHPでは、漢字の影響ではない中国語の影響が感じ取れるとあります。ロロ語と言う古い中国と日本語に高い語彙類似性を示すって研究もあって、私は複合語としてなら中国語も重要な源流の1つだと見ています。
チェンジ
2020年09月24日 06:06
ついでにもうちょっと持論を述べたいと思います。

寒冷適応に関係して、何故アメリカ先住民は中途半端な寒冷適応になったのか?で彼らの移動性の生活のせいじゃないか?とアムール集団は森林においての定住型で河川で漁労も組み合わせた生活を送っていたと思います。

寒くなってもそのまま住み続けた。それに対して古代シベリア系の生活は遺跡が寒さに対して移動しています。多分季節的にも動物に合わせて移住していただろうと予想されていて、黄河住民も多分こういった生活に近かったと見ています。

移動性草原狩猟民と定住性森林狩猟採集民じゃ寒冷適応をする度合いが全く違ったと見ています。黄河住民は寒冷適応してなかったと見てて、じゃ何故今アジア東部は皆アムール住人みたいな顔なのか?

それで遼河は適応的に後から増えたで、黄河流域に関してはアムール集団または遼河集団との混血だろうと見ています。遼河集団には少数のアムール集団との混血があるはずなので、間接的にアムール集団との混血とみなすこともできます。

黄河流域でも寒冷適応の適応的変化があったならすべて破綻するのですけどね。

生活スタイルの違い=文化の違いが遺伝的には近くても言語的な隔離を生んだと見ています。
管理人
2020年09月25日 02:57

宮本氏の見解はTwitterでよく見かけますが、体系的に読んだわけでも理解しているわけでもないので、今後の課題です。現時点で、アジア東部の古代DNA研究の解像度がまだ低いことは否定できないので、標本数が増えていけば、考古学とも整合的な集団形成史を提示できるかもしれません。まあ、遺伝学と考古学が相関するとは限らないので、難しいところですが。

私は、アジア東部における現在の言語分布状況を、完新世ユーラシアにおける遺伝的均質化という大きな動向の中で位置づけられないだろうか、という見通しを立ています。
チェンジ
2020年09月25日 06:06
> 宮本氏の見解

これ続きがあるのですが、山東省北部の早期新石器時代の遺跡はぱたっと稲作の姿を消します。時期的に縄文時代に海岸線が大きく後退した時期の後の寒冷化と一致すると思います。

その後の過程はじわじわとアワキビ耕作に稲が取り入れられていくという形で、どうも民族の移動って感じがしません。おそらくこれがオーストロアジアが日本にあまり影響を与えてない理由かと。

日本の稲作民のルーツが山東省であると言うのはよく言われています。その構成員はあまり遼河地方と変わらない集団だったのじゃないか?と見ています。竜山文化でも山東省だけは異色で黄河文明というより南北の別文化がまざったような部分があったとか。

じわじわ増えてなんと50%まで稲作が占めます。明らかにこれは黄河文明だけじゃないです。

古代核DNAの調査はされてませんが、弥生人のmtDNAと現代の山東省のmtDNAの構成はそれなりに似ています。山東半島の位置によっては遼河集団に近い遺伝子構成だったのじゃないか?と見ています。

春秋戦国時代に流民が日本にやってきたってシナリオが多いのですが、有名な太公望の支配の時おいだれた異民族が多いってのが歴史に残っています。時代的にも朝鮮半島でぐだぐだとやってる期間がありちょうどこれぐらいが都合がいいです。

温帯ジャポニカが一度ほろんだ地域にどうやって戻ってきたか?が難しいのですけどね。温帯ジャポニカをもって寒冷化の時期南部に移動したのかな?とか考えています。何故温帯ジャポニカと判断したのか?がしっかり把握できてないです。要するにその後の北上がゆっくりすぎて温帯ジャポニカじゃないのでは?と言う感じですが、じゃ温帯ジャポニカいつ朝鮮半島に来たのか?が良く分からない。まさかずっと種もみだけ維持していたとか?ないと思いますし。

とにかく一度稲作が滅んでいて、複合的な雑穀農業になっていた時期があったようです。そのため50%まで引き上げた民族は特に稲作民族ではなかったって事です。数千年前に温帯ジャポニカを育てていた民族化もしれませんけど。その記憶が民族として残っていたとか都合がいいですしね…。どっちにしても現地化したあのあたりに多い普通の山東省の住民にすぎなかったと。これで言語が違っていたとかないでしょうし。太公望が来るまでは明らかに中国語じゃない異民族だったのは確かなので、中国語圏の真っただ中にあって中国語じゃないってのはそれほど難しい話じゃないとは思います。

> 遺伝学と考古学が相関するとは限らないので、難しいところですが。

北方ルートあるかなと思い始めていますが、主流じゃないだろうとは考えています。滅んでしまった古層としてC1D系ってのがその候補でDはアマンダンの関係からやっぱり海岸ルートかと思います。よってC1系じゃないかなと。シベリアでぼちぼちC1系後の時代で見つかっています。移動時期はさすがにないからなんとも言えませんが。ハプロじゃなくて遺伝子全体なら、海岸ルートと近い集団がインド北上からあっちこっち行っていたなと。こすてんき辺りがその西方集団の代表かと。

問題はNOなどを含む集団が北方ルートだったのか?ですが、あれはやっぱり南方からの北上だと見ています。ウスチイシムもその過大な延長ルートじゃないかと。

自説にもなってるO2を含む集団の西部説ですが、あれ北方ルートだとすごく都合が良いのですが、どうもチベットから流れる川のルートを昔から人類が使ってるって話があり、このルートじゃないのか?って人もいます。

ただならチベットから古いDNAが取れたのか?ならさっぱりで、D系を含む集団を除き後から東から侵入したことしかわかってないです。

> 私は、アジア東部における現在の言語分布状況を、完新世ユーラシアにおける遺伝的均質化という大きな動向の中で位置づけられないだろうか、という見通しを立ています。

かなり難しいでしょうね。遺伝子は簡単にミトコンドリアイブ仮説を出せますが、人類すべての言語を統一するってのはまず無理っぽいです。比較言語学の手法じゃミッシングリンクが多すぎてまず無理だろうなと。

遺伝子も似てますが、系統に対して絶対の確証がある点が全く違うと思います。じゃ新たな言語学がとなるとこれがさっぱり。

学問と言えるレベルの知的さが無い。その点知と呼べるレベルなのが、比較言語学だけと。でも、遺伝子が探る時間のスパンと強烈に相性が悪いので比較言語学じゃダメでしょうね。

むしろ人類の歴史の中で草原集団の言語の歴史が異常に分かりやすすぎるってだけだと思います。
一ファン(元通りがかり)
2020年09月25日 22:54
いつも楽しく読ませてもらってます。崎山論文の「縄文時代中期から古墳時代までの3000年間、オーストロネシア語族が波状的に渡来」という話、およびツングース語族との混合によるアルタイ語化という話、どちらも興味深いです。以前にいつかこのブログにコメントさせていただいたときも、西日本縄文人には江南からの断続的な渡来あったのではないかというお話をしましたが、その時も話題になった『日本人の源流』(斎藤成也)の三重構造モデル(二重構造の修正)とかとも相性がよさそうです。オーストロネシア語族の波が波状的にあり、当初は稲をもっておらず、照葉樹林文化的な文化の担い手であったのが、途中から稲作文化の担い手になっていったとすると、形態学的な観点から(縄文人の後裔たる)土着系弥生人と渡来系弥生人を単純に区分する(特に一昔前のように前者を古モンゴロイド、後者を新モンゴロイドとするような)考古学のモデルは破綻するかもしれませんね。形態学的に土着系と考えられていたタイプはオーストロネシア系の渡来系かもしれず混合が起こったのも西日本においてとは限らないですし(その意味でも西日本縄文人の遺伝子解明が待たれますが)。むしろ山東半島や、遼東半島(燕や古朝鮮)でオーストロネシア系と華北系が混合したり、沿海州のあたり(のちの高句麗)でツングース系とオーストロネシア系が混合したりした可能性が気になります。高句麗語とか百済語、新羅語が意外と倭人の言葉と近かった可能性も出てきます。倭人ネットワークが現在考えられているより相当広かったことになりますが(濊狛系に対して粛慎系はオーストロネシア系との混合の度合いが違った可能性も出てくるでしょうか)。半島に華北系の人たちが入ってきたことで(のちの楽浪郡とか)韓人の言葉が倭人系の言葉から分岐していった可能性もあるかと思います。(そしてツングース系とモンゴル系・チュルク系の分岐も混合を考慮に入れると結構ぐちゃぐちゃしてくる気がします。匈奴とかぐちゃぐちゃだったでしょうし)。もちろん西日本縄文人と東日本縄文人の混血もあったでしょうし、その混合の度合いの違いからのちの日本語とアイヌ語の違いが生まれた可能性も?
チェンジ
2020年09月26日 05:30
横レスですが、現時点である程度分かってる点で、西日本以外の渡来人の流入はあまり考えなくていいと思います。

篠田さんの最新の研究で、九州の渡来系弥生人のDNAはほぼ現代人と変わらなかったようです。本来大陸に近い弥生人が本土に広がっていく中で混血して現代人が出来上がったってシナリオですが、これ多分違います。九州の上陸直後に現代の縄文弥生の混血が完成していて、後の広がりは地域差を生んだ程度だって事です。東北とか島根とか多少地域差がありますからね。


どこで大陸で言語的混合があったか?で渤海を超えて山東半島北部まで突っ込んでいいと思います。4000年前ごろの寒冷化で北部地域の住民が南下してますが、これ考古学的には海岸部は遼河のあたりからだったと聞きます。

他はたまつきしきに黄河住民が南下していったと。DNAは管理人さんも話してますが、中国南部の詳細な調査が足りないとの事でこの南下現象まだわかっていません。

ただ人骨などの形態などの調査ではこうなってると。そのため遼河の地域の影響は渤海の北部だけじゃなくて山東半島北部まで含めて良いと思います。

中国の東夷の判断は確か山東省と遼河セットで日本までまとめたものだったと思います。ただ山東省は太公望のころにその対象から外れてしまっただけかと。

もし黄河住民が南下したのなら、山東省の東夷が言語の違う異民族というのがおかしくなります。だから遼河の住民が南下したのだろうなと。
チェンジ
2020年09月26日 05:35
ただ確かに山陰への直接ルートありますね。北陸の差異もその繋がりかと。

沿海州との関係は意外にも山陽辺りが起源じゃないか?とは言われています。これは調査した人が奇妙だと思ったほど唐突に痕跡があるそうです。何故山陰じゃなくて山陽なのか?

この辺りは分からないです。それでも、沿海州の影響は九州が窓口じゃなかったのは確かです。
管理人
2020年09月26日 05:35
山東省では現時点で新石器時代集団の公表されているゲノムデータは前期分だけだと思いますが、同じ黄河流域のアジア東部北方系統集団でも河南省では、中期~後期新石器時代にかけて、稲作の痕跡の増加に伴い、アジア東部南方系統の割合の増加が示されています。

今後、アジア東部の古代ゲノムデータが蓄積されていけば、考古学的変化にどの程度人の移動が伴っていたのか、ずっと正確に推定できるようになるでしょうし、日本人の形成に関しても今よりずっと明らかになっていくでしょう。現時点では、重要な長江流域新石器時代集団のゲノムデータが欠けていると思いますが、中国の21世紀になってからの国力増大を考えると、今後5年以内に、アジア東部の古代ゲノム研究が飛躍的に発展する可能性は低くない、と予想しています。

オーストロネシア系(アジア東部南方系統)と華北系統(アジア東部北方系統)の混合は、中期~後期新石器時代にかけて現在の河南省で確認されているので、山東省でも同様だった可能性は高いように思います。

縄文人に関しては、まだ西日本集団のゲノムデータが公表されていませんし、経時的変化をたどるところまではとてもいかないので、日本列島外からの継続的な遺伝的影響があったのかどうかという点が、今後の研究により明かされていくのではないか、と楽しみです。
チェンジ
2020年09月26日 05:43
ああ、沿海州の影響ですが韓国の研究者さんのものですが、あれ韓国起源が日本と沿海州に広がっただけで、沿海州から日本に来たわけじゃないって話です。

ただ右っぽい人が聞くとまた韓国のなんでも自国起源の病気だとなるのですが、まあ丁寧な土器の比較調査なのでそういうたぐいのものじゃないかと。
チェンジ
2020年09月26日 05:52
後ちょっと追加で、遼河が多分ウラル語の源流だったのではないか?は言語学的には正しいと思います。

遺伝的には大きく中国北方集団とくくれますが、言語的には大きく違った集団だと見ています。

これについては前回書いた森林型狩猟採集と草原型狩猟の新石器前の生活スタイルの違いだと見ています。
チェンジ
2020年09月26日 06:49
モデルとしては、黄河西部にO2集団、黄河東部にN1B、遼河に勾配的にN1BとN1Aが混合した集団だったのじゃないかと。これにちらほらC2が絡んできます。

ハプロの解釈はまずいのですが、母系じゃない限り言語学と父系ハプロは相性がいいです。

ただしヤンシャオ文化は母系だったと思います。ただ言語のもとになったのはその前の狩猟生活だと思います。そのため一応父系の言語体系だったのじゃないかなと。

ヤンシャオ集団が低身長だったというのは、遼河よりの集団であるN1BとN1Aの集団が黄河よりの寒冷適応してないN1Bと混血したためだと考えています。

で、N1Bはシナチベット語族だったのか?これは怪しいと思っています。だからって遼河黄河どちらの言語が主流だったのか?不明であるためウラルだとは思いません。

シナチベットの起源は中国北部の黄河流域なので、明確に西部か東部か?なんて分かるはずないです。そのため早期にO2系の言語に統一されたんだろうなと見て今う。また狩猟民族であるN1BはO2に近い言語を使っていた可能性もあります。そのため影響が残らなかったかと。

どちらにしても森林性のウラル系の言語は残らなかったのかと。
一ファン(元通りがかり)
2020年09月26日 14:53
私は言語学も考古学も古人類学も勉強不足なので(自説とまでは全然行かないのですが)、蓋然性がより高く、つまり抽象度がある程度低くて、かつ分野の垣根をある程度横断可能な素軽さのあるモデルがあるとありがたいのです。

オーストロネシア系の拡散の日本への到達を、弥生以降ではなく、縄文中期に置くことが、崎山論文の面白い(あってるかどうかは別にして)ところだと(私は)思います。

例えば、チェンジさんが挙げておられる篠田謙一さんの研究だと、確かに北部九州の弥生人が現代日本人の範疇に収まってしまうので、その後その弥生人が単純に東進していって土着系をとりこんでいくというモデルが成り立たないとされています(『新版・日本人になった祖先たち』p183)。そのため篠田さんは古墳時代以降の新たな渡来人の流入を想定することによって、東進によるバランスの変化が中和されるようなシナリオを想定しているようです。

篠田さんの研究にはとても勉強させられますし、特に縄文人の地域的多様性、弥生人の地域的多様性へ注目することで多元的構造を取り出す方向性は首肯させられます。

ただその縄文系と弥生系の混血を土着系と渡来系と単純に切ってしまうところに、崎山論文のオーストロネシア系流入説や、斎藤成也の三重構造説をぶつけてみると、別の景色が見えてきそうで、いろいろ期待してしまいます。

たとえば篠田さんの研究では九州弥生人の多様性を渡来系弥生(甕棺墓)と土着系弥生に分けたうえで、土着系を西北九州弥生(長崎あたりで支石墓に埋葬されている)と南九州弥生(広田遺跡)に区別していますが、西北九州弥生人と南九州弥生人の区別を土着系内部の違いとしながら、渡来系の中にも土着系の遺伝子流入があり、西北九州弥生人の中にも渡来系の遺伝子流入があるなどという記述の仕方になっています(同書p178-180)。

これがもしオーストロネシア流入説で記述すると、同じ現象が別の仕方で記述できる可能性が出てきます(仮定に仮定を重ねることになるので、仮説というより期待というに過ぎないですが)。

例えば、長崎の西北九州弥生人が断続的なオーストロネシア系渡来人ネットワークの一部を構成し、縄文時代中期以来土着系縄文人と交雑しながら西日本縄文人となった人々で、朝鮮半島と行き来を繰り返しながら支石墓文化を西北九州に伝えるとともに、縄文的遺伝子を半島に伝える役割(同時にオーストロネシア系の遺伝子を東日本縄文人に伝える役割)を果たしたことになりそうです。それに対して「渡来系弥生人」と篠田さんが呼んだ人々は、そのようなオーストロネシア系遺伝子流動が華北系の遺伝子を受け入れながら「漢化」していくさ中にあった人々だった可能性が出てきます。渡来系vs土着系という対立軸が崩れるので、青谷上寺地遺跡などの解釈もかわってきそうです。

いずれにしても(崎山説がもし正しいなら)縄文時代から交雑が始まっていたことになるので、弥生時代に入ってすぐに現代日本人が形成されたと想定しなくて済みます。倭人ネットワークが南では縄文人の遺伝子を取り込み、北からは華北系やツングース系の遺伝子を取り込むような人の移動があったと想定すると、別のシナリオが見えてくるのではないか?日本語の形成史も東アジアの人口移動の中で考えた方が楽しそうに感じます(高句麗とか渤海とか)。モンゴル系、ツングース系、韓系、倭系などのイデオロギーをより流動的な要素の合成として細やかに記述できるようになると、見通しが広がる気がしてわくわくします。まあ現段階ではただの期待ですが。
チェンジ
2020年09月27日 05:41
> そのため篠田さんは古墳時代以降の新たな渡来人の流入を想定することによって、東進によるバランスの変化が中和されるようなシナリオを想定しているようです。

これ私もネットの記事でも読みましたが、なんかつじつま合わせって感じで強引だなと。関東と関西で弥生色が強くて島根東北では縄文色がってなるのですが、この程度の地域差で良いと思うのですけどね。後の古墳時代の大陸色の増加って関東と関西への流入が歴史に残されていて。些細な地域差が生まれた。この程度を語るものでしかないと思います。

斎藤氏が述べるような3段階モデルは、やはり古墳時代の大陸からの流入じゃなくて、縄文時代の中国南部なんじゃないか?と思います。遺伝的にほぼ均一とされる集団の中で地域で多少クラスターが異なります。この程度の差は敢えて論じるほど?と思うんですよね。

3段階モデルは時代が確定じゃなくて、縄文後期と弥生。弥生と古墳って2つのケースを想定してて、時代は特定できないが、大きな集団の変化がもう1つあったって話です。現代の遺伝子から時代特定ってのはかなりずれるのが当たり前なので1000年ぐらいのズレは当たり前なので、これは仕方ないと思います。

3段階モデルで縄文後期を支持するのに日本ネズミの2系統ってのがあります。ネズミは基本農作物とともに移動するようで、時代的に3000から4000年前と2000年前ごろってのが特定されてて、これじゃないか?とは見ています。縄文時代に稲作は大げさとしても、何かしらの農業をやっていた痕跡があります。

古墳時代の流入はそんな大げさなものじゃなかったのじゃないか?とは見ています。地域でクラスター化する程度は影響があったと思いますけど。関東だけ特別大陸寄りになるのは東に行くほど縄文色が濃くなるに奇妙な現象で古墳時代の半島の3国統一の影響だろうなとは思いますけどね。

後関東って船で先に稲作向きの平野に弥生人が流入したって話があり、時代的に長野などの遺跡より先行するって話があるんですよ。その影響かもしれません。

篠田さんの言及はあくまで弥生後なのでその前に関しては別の話なので問題ないとは思います。縄文後期から弥生の間のかなり限定的な期間の縄文人に遺伝的な変化はなかったのか?これが気にはなります。

おそらく中国南部からは何度も流入があったと考えられますが、南方系のネズミの流入の時期に他とは違う大きな流れがあったのじゃないか?とは見ています。

> ネットワーク

ネットワークは否定的です。貿易などはあったと思いますが文化圏のような密接な関係は考古学的には否定されています。この絶妙のさじ加減が遺伝的にはどうなのか?は気になりますけどね。早くから混血していた弥生人は半島ですでに混血していたのでは?ってのが篠田さんが近いことを話しています。

ようはウリチ、アミなどに残っているホアビン文化系の集団が半島にもいたんだろうと。だが半島の場合日本から行ったんじゃないか?の方が自然だなと。ウリチもそばやヒエなどが日本海ルートで入ってきたんじゃないか?と言われてて、そっちが自然かなと。アミはさすがにないかと。

台湾と日本って本当に遺伝的につながりが薄い。中国南方系なら台湾から日本はあると思いますが、日本から大半はどうなのかな?と。
チェンジ
2020年09月27日 05:52
うりちの話でややこしいのは、アメリカ先住民のパプアやアボリジニと近い遺伝子が残ってる事です。

シベリアであっちこっちそういう系統の遺伝子が見つかっていて、今とはつながってないけどとなります。ただそれでも縄文人がアメリカに行ったってのはあったんじゃないかな?と見ています。

ネットワーク支持?なら違うんですよ。行って戻ってくる交流や交易などじゃなくて、行ったきりの移住が主だったろうなと。
チェンジ
2020年09月27日 06:30
よく見たら矛盾していますね…。

考えに対しての変遷があるって事です。以前から3段階モデルは、辺縁部と中心部に遺伝子の差があるって点でそうか?って見ていました。だから半信半疑だったのですが、最近分かった縄文系は中国南方系もルーツであるって点です。

以前はY染色体からアマンダン諸島に近い系統だけと思っていました。でもずっと、なんで大陸系のmtDNAがこんなにも古代人骨でみつかるの?って疑問がありました。

それがすべて納得できるわけです。

今でも辺縁部と中心部に差があるは胡散臭いと思っています。実際地域でクラスター化できるのは知ってますが、起源の違いなど大げさなものじゃなくて、歴史時代の些細な差だと感じています。

3段階仮説の仮説自体は支持するが、その根拠となった辺縁部と中心部の遺伝の差はどうなのかな?と最初から疑問があったからです。だから今は篠田氏の話でやっぱりかと否定したけど、縄文人の中国南方系起源から3段階仮説の仮説自体は間違ってないのかもと相変わらず肯定的です。
チェンジ
2020年09月27日 06:53
ああ3段階モデル全否定ではないです。北海道のアイヌには中国南方系の影響が少ないかも?って解釈ができます。

これについてはちょっと気になります。

礼文島のDNAの記事があったと思うのですが、中国南方の割合がどうだったのか?は知りたいところです。愛知のかなり弥生期に近いものが中国南方との混血の縄文人となってますが、北海道の縄文人も同様だったのか?までは記事では分からなかったような。

縄文人は均一だったってのに、これがかなり重要なんですよね。北海道だけ例外かも?って提唱したのが3段階モデルのキーで当然アイヌでしょう。
チェンジ
2020年09月27日 09:28
明確な遺伝的差異の問題で、弥生時代の中国南方系の影響と縄文時代の中国南方系の影響の区別ができるか?ちょっと怪しいですね。

私は言語的には縄文時代がオーストロネシアで、弥生がオーストロアジアだったと見ていますけど。ただインドネシアあたりとか、タミル語と深くかかわってるO1B1などもしっかり出ます。そのためO1B=オーストロアジアなんて単純なものじゃないってのは確かです。

大きく遺伝的に中国南方系ってくくりではどっちも変わらんと見ています。でも言語的なら多分この話弥生と縄文じゃ分けて考えないといけないんだろうなと思います。後オーストロアジアとオーストロネシアがどう違うのか?良く分かってないですけどね。

管理人さんの記事を読んでいて稲作民族の北上に関して遺伝的な変化を伴うってものがありました。ただその記事にその前の時代の寒冷化で北方民族の南下にも触れてあったので。

山東省ですでにウラルアルタイ化していたかも?って見方はなりたつと思います。シナチベットじゃないのはまあ歴史的に異民族だったと残ってるからです。それがオーストロアジア、ネシアなのか?ウラルアルタイなのか?は分かりませんけど。

この場合のウラルアルタイはウラルアルタイが統一された系統って意味じゃないです。ウラルとかアルタイ系のシナチベットじゃない言語って程度です。
管理人
2020年09月27日 09:46
古代DNA研究では、Y染色体DNAはmtDNAや常染色体DNAよりもデータを蓄積しにくいという構造的問題があり、またYHgは置換・消滅が起きやすいので、現時点で精度の高い推測は困難でしょうが、近年の古代DNA研究の飛躍的な進展を見ると、頻度の経時的変化や地域差も含めて、解像度の向上を期待できるかな、とも思います。

備忘録として一度まとめておくと、現時点でアジア東部北方の古代DNA研究で確認されているYHgは、アムール川流域鉄器時代ではC2b1aのみ(4個体)、西遼河流域では中期および後期新石器時代でO2aが1個体ずつ、青銅器時代でC2b1aが1個体です。黄河上流域では後期新石器時代(斉家文化)がO2a2b1aのみ(4個体)、黄河流域でも仰韶文化ではO1b1a2とQ1a1a1が1個体ずつ、龍山文化ではO2a2b1とO2a1a2とC2e2が1個体ずつ、青銅器時代にはO2a2b1aが2個体です。データが蓄積されていけば、父系での移動や文化との関連も見えてくるかな、と思います。

私が現時点で有力と考えているモデルにおいて縄文人は、アンダマン諸島人やパプア人やオーストラリア先住民やホアビン文化集団と近縁な系統と、オーストロネシア語族の主要な祖先集団と近縁な系統との、遺伝的にはほぼ同等の影響の混合と推測されていますが、これは、北海道礼文島の個体と千葉市の個体に、福島県相馬郡新地町と愛知県知県田原市の個体を含めたデータ分析に基づいており、これまでにゲノムデータが得られている東日本の縄文人が他の現代および古代の集団との比較で遺伝的には相互にひじょうに密接な関係にある、という推測は変わらないので、北海道の縄文人だけ例外だった、という証拠はまだ得られていません。縄文人の遺伝的な地域差と年代差がどの程度のものだったのか、今後の論点になると思います。
チェンジ
2020年09月27日 09:48
D1B1が日本でもきちんとあった点でD1B1説はむつかしくなたっと思いますが、半島の南部に縄文人に近い遺伝子が残ってるのは確かで、人骨も出ています。

ただ難しい点で、韓国人のルーツとして中国南部があるのは当たり前で、中国南部なのか?ホビアン文化集団なのか?だといまいち良く分からないんですよね。

日本と沿海州あたりまえ海岸部に中国南方系の遺伝的影響があるのは雑記帳の記事にもありました。ただひとつ前のホアビン文化系のもも多分絡んでいます。

丸木舟に使用する石斧文化圏って事で、日本には南方からですが、日本からだと沿海州当たりにそれらの影響があり、遺伝的にもかぶります。

このあたりごちゃごちゃになってるのでまた今度整理してみます。

交易はそれなりにはあっただろう。文化圏と言う共通性はない。で、私の中では、縄文集団が韓国南部に移住したのはあったのじゃないか?と見ています。それとも中国南部系なのか?またはホアビン文化を含む日本によく似た別集団がいたのか?このあたりは不明です。

ただ日本のY染色体Dってアマンダンを除くと日本の中で完結できるレベルの多様性の無さが指摘されてて、偶然にD1B1が一致するのか?と言うと怪しいので。縄文人が移住したのじゃないかな?とは見ています。

その点私も弥生で混血したじゃなくて、弥生前から混血していたと見ています。管理人さんも書いてますが、すべては韓国の古代人骨がでないと全く分からないのは確かかと。
チェンジ
2020年09月27日 10:03
> 備忘録として一度まとめておくと

Nが一つもないですね…。私が見た中国の調査はN*が仰韶文化で3体出ています。今見ると南方系ですね。でも私が見たのはNだし、明確に寒冷適応した頭蓋骨とあります。南方系と混血した?なら身長が低くなったのが分かる気がします。

これは中国の農業の起源がややこしくなりますね。南方の農業化が圧倒的に古いのは確かで、その技術が北方に伝達した可能性が出てきましたね。

やはりO1B2はそういった初期に移住した南方民の気がします。以前からO1B2北方起源説があったのですが、単に移住が分岐後早期だった気もします。

悪魔の門までアムールじゃなくて中国北方系の影響が強いなら、やはりN集団とO集団は遺伝的に近いが、文化が違ったのが大きいなと思います。子孫であるうりちにもC2が多いですがNもしっかりでます。

N集団が黄河文化系とアムール文化系に分かれるような気がします。遼河は両者の中間だとしても、やはり大きく分けると遼河と黄河はアムールとは別の中国北方系という遺伝集団だと思います。

> 北海道礼文島

3段階モデルで、北海道が2段階目の影響を受けてないとあったのですが、これ記事見ましたが、大半千葉の人骨でした。北海道も中国南方系と混血と言うのは苦しいと思いました。確か7体のうち6体が千葉のもので。当時縄文文化の発展していたのが関東だったと思います。そこに中国南方系がたまってるのは当然かと。
管理人
2020年09月27日 10:21
上記の中国北方のYHgは、あくまでも一定以上の品質がゲノムデータの提示されている私が直接読んだ論文に基づいているだけなので、これが全てではありませんが、1個体でも情報量の豊富なゲノムデータと比較すると、古代DNA研究で移動を推測するには、YHgのデータにはある程度以上の個体数が必要で、現時点ではまだそこまで蓄積されていないように思います。

縄文人の系統分析は、千葉市だけではなく、北海道と福島と愛知の縄文人のゲノムデータも組み合わせたものなので、北海道が例外というわけではありません。それから、縄文人の遺伝的構成の半分ほどがアジア東部南方系統とはいっても、その混合がいつ起きたのかは不明で、私は更新世だと推測しています。
チェンジ
2020年09月27日 11:06
> 千葉市だけではなく、

これはちょっと雑に読んでしまいました。ええーっと、ただ重要なのは北海道とそれ以外の日本って分け方なので、他のデータが入っても特に問題は無くて、北海道だけのものが南方系が半分もあったのか?は疑問があるって事です。

> 私は更新世だと推測しています。

これは、何度も来てる気がしています。3段階モデルに都合が悪い点として、もっと古い時期のmtDNAがかなりあって大陸に多いハプロタイプがかなり出ています。

重要なのは日本全国に広まったようなものは弥生期に近い時期だったのじゃないか?って話です。

私の場合ネズミの系統が大きな根拠になっています。いくらなんでも更新世にその場合さかのぼることは無いです。

後新石器に入ってからのものだと思うのに縄文における農業の痕跡ですね。

早い時期に更新世にすでに流入があったとは思いますが、重要な人口比率をうごかすほどのものは弥生期に近かったのでは?と考えています。
管理人
2020年09月27日 11:16
北海道の個体も含めてゲノムデータが得られている縄文人は、他の既知の現代および古代集団と比較して相互に遺伝的にひじょうに密接な関係にあり、1集団・系統としてまとめられる、という前提でのモデル化なので、北海道だけ他地域の縄文人個体と異なっている、とは解釈できないと思います。

アジア東部南方系統との混合が何度か起きていてる可能性はありますが、縄文時代の通時的データが得られていないので、判断の難しいところです。これに関しては、今後データが蓄積されていく、と期待しています。
チェンジ
2020年09月27日 11:25
> 北海道だけ他地域の縄文人個体と異なっている、とは解釈できないと思います。

ああ、失礼な物言いになってないか?とか考えてるのですが、これちょっとまずいですね。すみません。あくまで可能性として北海道の個体だけで考えると南方系も含まれてるか?分からないって意味で書いたんですよ。

その意図が読み取れない文章になっていたと思います。そう考えるとなんて馬鹿な事を書いてしまったんだと思っています。本当に失礼しました。あくまで可能性として北海道単独なら南方系が混血してるか?判断できる記事ではないなという意図がありましたが、それが分かるようになっていませんね。本当に申し訳ありません。



管理人
2020年09月27日 13:34
ゲノムデータが得られている縄文人は、他の既知の現代および古代集団と比較して相互に遺伝的にひじょうに密接な関係にあるので、仮に北海道縄文人だけでモデル化しても、同様の分析結果が得られると思います。
チェンジ
2020年09月27日 15:22
ttps://www.ims.riken.jp/pdf/20080926_1.pdf

現代人の地域データがあったので貼っておきます。関東に多様性があるのは地方からの流入者が多いのもあると思います。そのため関東への3国統一後の難民が住み着いたってのはちと分からないかなと思います。

ttps://zhuanlan.zhihu.com/p/26698329

後中国の古代人ハプロについて貼っておきます。中国のサイトですが、翻訳でかろうじて読めるのとアルファベットは分かるかなと。
チェンジ
2020年09月27日 15:51
私は生のデータを知らないので、愛知のものと礼文島のものが非常によく似ているとの記事が過去雑記帳にありました。

なるほどそれなら礼文島のものだけ分離して考えるのは意味が無いですね。

どうも3段階モデル怪しくなってきましたね。これだけ綺麗に混ざってると管理人さんが言うように更世記に中国南方系が来たというのがありそうです。なんかどっと疲れてる気分になっています。

3段階モデルに振り回されてしまったかなと。ただ弥生前の縄文後期に何かしらの集団がそれなりの影響を残してる可能性は高いです。でも全体の中の重要性はそれほど高くない気がしてきました。

どのみち縄文人がオーストロネシアの影響を受けた言語を話していた可能性については変わらないので、良いのですけどね。
管理人
2020年09月27日 17:08
そのサイトを見ると、中国の古代人YHgも蓄積されつつあるようなので、認識を改めねばなりません。上のコメントではアジア東部北方と言いながら中国を意識して省略してしまいましたが、最近の研究でモンゴルや極東ロシアのかなりの個体数のYHgが報告されていますし、アジア東部でもYHgによる人類集団の形成や移動の推定が一定以上の精度で可能になってきたのかもしれません。
チェンジ
2020年09月27日 18:18
ttp://takeda-foundation.jp/seminar/pdf/2020-01-18_seminar_report.pdf

ここに礼文と他の地区の比較できるデータありました。全く変わりませんね。ついでに3段階モデルの詳しいのもあります。やはり北海道は別になっています。

後篠田さんの研究が面白い。

韓国の南部の人骨が弥生人とかなり近いです。縄文人が移住したのか?それとも縄文人に近い集団が韓国南部にもいたのか?とにかくこれで弥生人がすでに混血していたかも?が進んだ感じです。
管理人
2020年09月28日 03:24
今年公表された、古代ゲノムデータも用いて朝鮮人の起源を検証した論文でも、朝鮮半島の古代ゲノムデータは用いられておらず、分析は進められているものの、まだ予備的な段階なのかもしれません。中国とその周辺地域の大規模な古代ゲノム研究も、一般書(翻訳本ではなく原書基準で)で予備的な成果が言及されてから公表まで2年くらいかかっているようです。日本人起源論で朝鮮半島の古代ゲノムデータは必須だと思うので、研究の進展を期待しています。
チェンジ
2020年09月28日 05:45
ttps://www.nishinippon.co.jp/item/n/591652/

〇国立科学博物館の篠田謙一人類研究部長が示した韓国・釜山沖の加徳島で見つかった人骨のゲノム解析だ。「この人たちが渡来したとするならば、混血なしで今の日本人になる」と篠田さん。時期は縄文時代まっただ中の6千年前。

言葉足らずだったかもしれません。まさにそのゲノムが見つかったって話なのですけど。最新すぎてあまり広まってないだけです。

ハプロ的にはNが北方系なのか?O1B2が北方系なのか?は分かりません。ただ可能性としてO1B2が稲作と共に来なくてもいいんですよ。

O1B2は日本人型と韓国人が他の2タイプあったと思います。稲作が半島北部から南下したなら日本人に偏るO1B2がその中心だったのはおかしいです。

日本人に多いO1B2は私は半島南部に偏っていて九州に移住したのじゃないか?と見ています。ここで新石器時代のヤンシャオのハプロが役に立ちます。稲作が新石器時代早期に南部の住人を伴ってかなり北部まで北上してたって点です。後李遺跡の水田に温帯ジャポニカがあったのでは?もその候補の1つです。
管理人
2020年09月29日 03:06
それと思われる情報をネットで見かけた記憶がありますが、出所が明らかではなくひじょうに断片的な情報だったので、とくに気にかけていませんでした。公開シンポジウムでの情報開示とのことで、より詳しい情報を知ることができ、ありがとうございます。私が言いたいのは、「ゲノムが見つかった」のか否かではなく、まだ論文として発表できるほど分析(他の現代および古代の個体との比較など)が進んでおらず、予備的なのではないか、ということです。

縄文時代の日本列島と朝鮮半島との交流が考古学で指摘されているので、縄文人が朝鮮半島に渡って交雑しても不思議ではありません。ただ、考古学では縄文時代の日本列島と同時代の朝鮮半島との交流は限定的だったと示唆されているので、この6000年前頃らしい釜山沖加徳島個体の集団が現代日本人の主要な祖先集団になったのか、レヴァントで鉄器時代初期に一時的に見られたヨーロッパ系統の増加と類似の事例なのか、この記事の情報だけでは定かではありません。論文としての公表が楽しみです。あるいはすでに、この個体を含めて朝鮮半島の古代DNAに関する論文がかなり公表されているかもしれませんが。

また、朝鮮半島の少なくとも一部に縄文人的な遺伝的構成の集団が長期間存在し、西方から到来したアジア東部北方系統集団と交雑した可能性も想定されます。その他にも色々と可能性は考えられますが、この記事の情報だけでは推測の難しいところです。日本列島も古代DNA研究が進展している地域とは言えませんが、朝鮮半島は日本列島以上に遅れていると思いますので、今後の研究の進展に期待したいところです。朝鮮半島の古代ゲノムデータが蓄積されていけば、日本人の起源も解明も進むでしょう。
チェンジ
2020年09月29日 05:32
> 予備的なのではないか、ということです。

ああ私の場合そうじゃないんですよ。もっと突っ込んだ結論を言いたいから慎重に調査を進めてると見ています。それは政治的な部分もあると思います。雑にやってしまうと韓国政府の協力が否定的になるかもって感じもあります。

突っ込んだ結論と言うのは篠田さんはこれまで慎重に韓国南部の現代人のDNAはホアビン文化集団が日本海に向かって北進した名残としてきました。ウリチはなんとも言えませんが、アミとかはその見方で良いと思うんですよ。

沖縄と台湾の遺伝的断絶のようなものはよく言われてるのですが、これ多分過去南西諸島に東南アジアの文化圏があったのが遺物で分かっていますが、遺伝的にはさっぱりです。私はおそらくこの集団は本土まで広がって消えてしまったんだろうなと見ています。だが台湾を使ったルートと言う視点は間違ってないと思います。そのためホアビン集団か?がそういった海の道のルートに残る可能性は高い。ですが、縄文人が中国南方を含むのならそっちかもしれません。

突っ込んだというのは、そのまま縄文人が韓国人になったです。これについて慎重に確信できるまで発表を遅らせるのは当然かと思います。

> 考古学では縄文時代の日本列島と同時代の朝鮮半島との交流は限定的だったと示唆されているので、

私もそれはネットワークの否定で同様な感じを持っています。

> この記事の情報だけでは定かではありません。

私はM7Aの事があるので行けるだろうと見ています。元々これが日本発であるのは公式な見解だと思います。ならそれがいつだったのか?の時期の話になるだけかと。

後それと更世記の人骨もそうですがいつまで待てばいいのか?で集まらないだろう人骨の時期の結論ってのは大体見切り発車でされると思います。私は同じ人骨でさらに突っ込んだ結論を述べるために調査してるだけなんじゃないか?と見てるんですけどね。

他の人骨が発見されるまで待ってるとはちょっと思えないのですけどどうなんですかね…。Y染色体かmtDNAハプロを調べれば日本の下位系統であるか?分かると思うのですけどね。

後考古学程度なら可能性があるって結論も論文としては十分ありですよ。ただ問題は韓国と日本の関係がね…。今後何か支障が出るのじゃないか?ぐらい重要な発見だと思います。
チェンジ
2020年09月29日 06:14
この先どう展開するか?分かりませんが、3段階モデルは苦しいと思えてきました。海の民じゃなくてもう1つの古墳時代までの流入かと思います。それである程度説明が付きます。

縄文後期に何かしらの大きな移住はあったが、日本全体に影響を与えるほどじゃなかったというかと。

そもそも半島ですでに日本人は完成したって結論なしでも、弥生人がすでに完成した日本人になっていた点で、それが全国に広がるときに地方にいた縄文人との混血で辺縁部の縄文色が濃くなったのと、後から入ってきた古墳時代までの大陸の影響で中央部が大陸色が強い遺伝子になったのかと。

3段階モデルは弥生後に3段階目があったになるかなと。

見事に東北が縄文側にズレていて、近畿九州が大陸側に寄っています。これで十分説明がつくかと。
管理人
2020年09月30日 03:23
私が今後の研究の進展に期待していると言っているのは、あくまでもDNA解析であり、新たな人類遺骸の発見ではありません。これまでの古代DNA解析も、多くはかなり前に発見されていた遺骸からでしょう。当然、新たな遺骸の発見は望まれますが。日本列島では(おそらく朝鮮半島も)更新世の人類遺骸はひじょうに少なく、今後も発見は期待薄だと思いますので、完新世遺骸からの推測に依拠せざるを得ないでしょう。私は、堆積物からのDNA解析の発展に期待していますが。

日本列島も含めてアジア東部沿岸部集団とホアビン文化集団との遺伝的類似性は、アンダマン諸島人やパプア人も含まれるユーラシア東部南方系統の北上を表しており、ホアビン文化集団系統とは早期に分岐したと考えていますが、先史時代朝鮮半島の人類集団の遺伝的構成の年代・地域差も含めて、もっと多くの古代ゲノムデータが公表されるまではよく分からない、というのが正直なところです。