放射性炭素年代測定法の新たな較正曲線

 放射性炭素年代測定法の新たな較正曲線に関する研究(Bard et al., 2020)が公表されました。これに関しては日本語の解説記事もあります。放射性炭素年代測定法は過去55000年の年代測定で最も広く使用されています。しかし、大気中の炭素14含有量は一定ではないため、放射性炭素年代測定法による値を暦年代に較正しなければいけません。また、海洋は炭素を大量に吸収するため、海洋面積が広い南半球の方が北半球より大気中炭素14濃度が低く、海中の炭素はより長い時間をかけて循環するため、その炭素14年代は大気中のものより数百年古いなど、事態はさらに複雑です。

 そのため、放射性炭素年代測定法では、北半球用の「IntCal」、南半球用の「SHCal」、海洋用の「Marine」と領域ごとに異なる3つの較正曲線が用意されています。最近まで、そのための較正曲線としてIntCal13が用いられていましたが、今回、IntCal20、SHCal20、Marine20に改訂されました。この改訂により、較正の適用限界は55000年前まで延長されます。ほとんどの場合、再較正により変化する年代の幅はわずかですが、事象の年代を狭い時間枠内に特定しようとする考古学者や古生態学者にとっては、微小な調整も大きな違いとなり得るので、たいへん重要な改訂となります。

 本論文では、具体的な成果として、ヨーロッパを中心としてユーラシアの48000~40000年前頃の著名な人類遺跡の年代が提示されています。この期間は、ネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)から現生人類(Homo sapiens)への置換が起きたことから、とくに注目されています。ヨーロッパで最古の現生人類遺骸はブルガリアのバチョキロ洞窟(Bacho Kiro Cave)で4個発見されており、その較正年代は46790~42810年前とされました(関連記事)。本論文はこの4個のIntCal20による較正年代を報告しており、最古のものが45120(45430~44640)年前、最新のものが43110(43240~42700)年前と推定されています。

 一方、ヨーロッパのネアンデルタール人遺骸で最新の年代となるのは、フランスのサンセザール(Saint-Césaire)遺跡で発見された個体で、IntCal20では41160(41860~40690)年前と推定されています。その次に新しいネアンデルタール人遺骸はベルギーのスピ(Spy)洞窟で発見されており、IntCal20では41280(41750~40930)年前と推定されています。本論文は、ヨーロッパにおけるネアンデルタール人と現生人類との共存期間が、IntCal13では5000±860年、IntCal20では3960±710年であることを報告しており、IntCal20では両者の共存期間がより絞り込めています。ただ本論文は、両者の文化的および遺伝的交換の可能性を調べるには、両集団の隣接する遺跡が対象とされねばならない、とも指摘しています。

 その他の注目される個体では、4~6代前にネアンデルタール人がいると推定されている、ルーマニア南西部の「骨の洞窟(Peştera cu Oase)」で発見された現生人類遺骸(関連記事)が、IntCal20では39980(41180~39190)年前と推定されています。1世代20~30年とすると、サンセザール遺跡のネアンデルタール人より1000年ほど新しく、少なくともこの頃までヨーロッパにはネアンデルタール人が存在したのかもしれません。もっとも、骨の洞窟の現生人類の祖先がヨーロッパでネアンデルタール人と交雑したとは限らないので、他地域かもしれませんが。

 シベリア西部のウスチイシム(Ust'-Ishim)近郊のイルティシ川(Irtysh River)の土手で発見された人類遺骸は、現時点ではシベリアで最古の現生人類となり、またDNAが解析された現生人類としても最古となります(関連記事)。ウスチイシム個体は、IntCal20では44380(44970~43340)年前と推定されています。アジア東部でDNAが解析された最古の現生人類個体は北京の南西56kmにある田园(田園)洞窟(Tianyuan Cave)で発見されましたが(関連記事)、IntCal20では39560(40330~39130)年前と推定されています。IntCal20により、ネアンデルタール人の絶滅と現生人類のユーラシアにおける拡散に関して、さらに精緻な検証が可能になるでしょうから、今後の研究が大いに期待されます。


参考文献:
Bard E. et al.(2020): Extended dilation of the radiocarbon time scale between 40,000 and 48,000 y BP and the overlap between Neanderthals and Homo sapiens. PNAS, 117, 35, 21005–21007.
https://doi.org/10.1073/pnas.2012307117