大河ドラマ『青天を衝け』第14回「栄一と運命の主君」

 平岡円四郎から一橋家への士官を誘われた栄一と喜作は、返答を保留します。喜作は徳川方への士官となるので反対しますが、栄一はこのままむざむざ死ぬよりは仕えた方がよい、と主張します。栄一は士官にさいして徳川慶喜への建白書提出と直答を要求します。この頃、慶喜は横浜鎖港問題などで多忙のため、さすがに栄一や喜作と面会する時間もなく、平岡は慶喜の外出時に姿を見せるよう、栄一と喜作に提案します。こうして、栄一と喜作は慶喜と出会い、拝謁を許されます。

 数日後、栄一と喜作は屋敷で慶喜に拝謁し、栄一は志士を広く集めるよう、提言します。しかし、栄一は熱く語るものの、慶喜は冷ややかです。平岡は栄一と喜作に慶喜の置かれた立場と人となりを説き、喜作は慶喜に興味を持ち、栄一はこれまでの世界観が揺らいだことに衝撃を受けます。一橋家に出仕するようになった栄一と喜作は、慣れない仕事と金欠に苦しみつつ、日々を懸命に過ごします。慶喜は参預会議で島津久光たちと対立し、幕府を守る決意を松平慶永に伝えます。栄一との出会いが慶喜を後押しした、というわけでもないのでしょうが、慶喜の本格的な政治行動が描かれるようになり、栄一が慶喜に仕えて、話が大きく動き始めました。今回も幕末の複雑な政治情勢が描かれましたが、徳川家康の解説もあり、なかなか分かりやすくなっていたように思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント