大河ドラマの思い出(追記有)

  大河ドラマについての記事が増えてきたので、これまで見てきた大河ドラマについての評価をまとめてみます。全話もしくはほぼ全話見た作品は、10段階で評価しました。作品名の横の数字が私の評価です。

追記
 大河ドラマを見終わるたびに、作品の評価を追加していくことにします。
●1976年『風と雲と虹と』2010年9月4日
●1978年『黄金の日日』2010年9月24日
●1979年『草燃える』2010年12月29日
●1980年『獅子の時代』2012年1月21日
●1983年『徳川家康』2014年3月23日
●2008年『篤姫』2011年3月19日
●2010年『龍馬伝』2010年12月5日
●2011年『江~姫たちの戦国~』2011年12月6日
●2012年『平清盛』2013年5月2日→評価を9点から10点に変更(2018年12月18日)
●2013年『八重の桜』2013年12月17日
●2014年『軍師官兵衛』2014年12月25日
●2015年『花燃ゆ』2015年12月16日
●2016年『真田丸』2016年12月20日
●2017年『おんな城主 直虎』2017年12月19日
●2018年『西郷どん』2018年12月17日
●2019年『いだてん~東京オリムピック噺~』2019年12月17日


●1976年『風と雲と虹と』10
 脚本もさることながら、配役が素晴らしく、演技をじゅうぶんに堪能できました。長期の放送となる大河ドラマにおいて、中だるみや後半・終盤での失速はよくあるのですが、この作品にはそれがなく、最初から最後までずっと楽しめました。私にとって、これまでに見た大河ドラマにとどまらず、これまでに見たドラマのなかでの最高傑作です。

●1978年『黄金の日日』9
 ご都合主義的な展開と、主人公の大根演技、さらには秀吉を諸悪の根源とした後半の話の構造には辟易としましたが、活気があって面白く、名優たちの緊張感あふれる演技と華やかな女優たちも見所です。

●1979年『草燃える』10
 人間の業と野望を描いた迫力ある傑作です。現代口語調の台詞は賛否両論でしょうが、この作品の迫力を表現するには適していたのではないか、と思います。配役にはやや不満があるものの、それを補って余りある脚本・演出でした。

●1980年『獅子の時代』9
 架空の人物二人が主人公で、登場人物が少ないのですが、幕末~明治前半にかけて、こういう人々がいたのだろうな、と思わせる説得力があります。ややご都合主義的な展開もさほど気にならない面白さです。

●1981年『おんな太閤記』4
 両親と祖父母が見ていたので、なんとなく一緒に見始めたのですが、今となってはほとんど内容を覚えていません。それでも、最終回までほぼ全話見た記憶がありますので、わりと面白く思っていたのでしょう。私が歴史に興味をもつ契機となったのが、この作品の視聴でした。

●1983年『徳川家康』9
 原作が大部のため、駆け足気味になった感は否めませんが、戦国大河の最高峰といった感があります。文句なしに面白いのですが、原作準拠なので仕方ないとはいえ、さすがに主人公の美化が行き過ぎているので、その分評価を1点下げます。

●1987年『独眼竜政宗』8
 主体的に大河ドラマを見たのはこの作品が初めてです。歴代大河ドラマでもっとも視聴率の高い作品ということもあって、今では伝説の作品扱いになっています。ただ、後半になって失速した感は否めず、伝説の作品とまでは言えないかな、と思います。

●1988年『武田信玄』6
 これも『独眼竜政宗』と並んで評価の高い作品ですが、正直なところあまり面白くはありませんでした。もっとも、この作品を視聴したのは中学3年~高校1年の頃でしたから、今見るとまた違った印象を受けるかもしれません。

●1989年『春日局』序盤で挫折
 どうも、橋田作品は私には合わないようです。

●1990年『翔ぶが如く』8
 なかなか重厚な作品でした。主役2人の演技が上手かったのもありますが、私がこれまで見た幕末・維新もののドラマのなかでは、もっとも面白い作品です。

●1991年『太平記』5
 大河ドラマ史上最高傑作という評価が少なくないのですが、私にとってはどうも印象に残らない作品です。つまらないと思ったわけではないのですが。この作品も、今見ると印象が変わるかもしれません。

●1992年『信長 KING OF ZIPANGU』前半で挫折
 桶狭間の戦いのあたりで挫折しました。この作品も、今見ると印象が変わるかもしれません。

●1993年『琉球の風』未視聴

●1993~1994年『炎立つ』7
 第1部と第2部の評価は9点と高いのですが、第3部の迷走が残念でなりません。

●1994年『花の乱』未視聴

●1995年『八代将軍吉宗』7
 序盤は見ていなかったのですが、知人に勧められて見るようになったところ、意外に面白くて見続けました。

●1996年『秀吉』6
 ほぼ全話視聴しました。暑苦しい秀吉でしたが、こういう作風もありかな、と思います。

●1997年『毛利元就』6
 ほぼ全話視聴しました。緒形拳氏演じる尼子経久が強烈な印象を残しました。元就とその嫡男の隆元の成長が描かれたのもよかったと思います。

 1998~2004年の大河ドラマ(1998年『徳川慶喜』・1999年『元禄繚乱』・2000年『葵徳川三代』・2001年『北条時宗』・2002年『利家とまつ』・2003年『武蔵』・2004年『新選組!』)は見ていません。私にとっての大河ドラマ空白期です。

●2005年『義経』3
 まとまりに欠ける作品でした。回想の多用・失笑してしまう義経の最期の演出・悲惨な静の舞など、やたらと明らかな欠点の目立つ作品でもありました。

●2006年『功名が辻』第1回で挫折
 織田信長役の人の演技で見続ける気力を失いました。

●2007年『風林火山』9
 序盤の出来は文句なしに10点です。由布姫と平蔵絡みの話を省き、北条・今川や高遠・小笠原の話をもっと深く描いていれば、たいへんな名作になっただろうと思うと、残念でなりません。

●2008年『篤姫』7
 主人公美化や現代劇的性格が強いといった問題はありますが、大きな話の流れに破綻はなく、配役がおおむね成功したこともあって、予想以上に面白い作品でした。映像の美しさも考慮して、やや高めの評価としました。

●2009年『天地人』1
 全話もしくはほぼ全話視聴した大河ドラマのなかでは文句なしに最低の作品です。この作品以下の大河ドラマが今後作られないことを願っています。

●2010年『龍馬伝』5
 演出面で見るべきところは多かったのですが、脚本、とくに主要人物の描写に難があります。

●2011年『江~姫たちの戦国~』1
 残念ながら、全話もしくはほぼ全話視聴した大河ドラマのなかでは、2009年の『天地人』をも下回る、最低の作品になってしまいました。単に面白くないというだけではなく、脚本・演出面で不快なところが多かったのも残念でした。

●2012年『平清盛』10
 残念ながら、大河ドラマ史上最低の視聴率となり、史実に忠実とはとても言えませんが、伏線と象徴的な小道具を多用した人間模様の描写はたいへん見ごたえがありました。私が視聴した21世紀の大河ドラマのなかでは、『風林火山』と並んで最上位を争うくらい気に入っています。

●2013年『八重の桜』6
 話自体はそれほど悪くありませんし、配役も悪くなかったとは思うのですが、私にとってはどうも感想を書きづらい作品でした。

●2014年『軍師官兵衛』6
 歴史ドラマとして不満がないわけではありませんが、秀吉と村重、さらには二人と主人公の官兵衛との関係の描写には見ごたえがあったと思います。

●2015年『花燃ゆ』2
 そもそも、題材・制作方針が大河ドラマとしては無理があったように思います。ただ、ふざけているところは少なかったように思います。その分、『天地人』や『江~姫たちの戦国~』よりも評価を高くしました。

●2016年『真田丸』8
 主要人物はもちろんのこと、登場時間の短い人物もしっかりとキャラ立ちしていたのが、本作の最大の魅力だと思います。歴史学の研究成果を積極的に取り入れようとしたところも見られ、この点でも歴史ドラマとして魅力的でした。

●2017年『おんな城主 直虎』8
 小野政次の最期は私が視聴してきた大河ドラマのなかでも深く印象に残る場面の一つになりました。国衆の視点から戦国時代の様相を描こうとする姿勢もよかったと思います。総合的にはなかなか楽しめました。

●2018年『西郷どん』3
 時間配分に問題があったように思います。明治編は駆け足になってしまいました。そのこととも関連しますが、何よりも、家族の描写に時間を割きすぎで、歴史の大きな流れが描けていなかったように思います。配役には基本的に満足しています。

●2019年『いだてん~東京オリムピック噺~』9
 落語場面と本筋との接続は上手くいかなかったように思います。本作の視聴率低迷の要因はそこにあるのでしょうが、オリンピックの問題点も取り上げつつ、近代日本スポーツ史の一面を切り取った構成は楽しめましたし、何よりも人物造形は秀逸でした。

"大河ドラマの思い出(追記有)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント