『太陽にほえろ!』52話「13日金曜日マカロニ死す」10

 殉職→新たな刑事の加入という『太陽にほえろ!』のパターンの始まりですが、プロデューサーによると、当初のメンバーで5年くらい続ける予定で始めたとのことで、マカロニ刑事を演じた萩原健一氏が降板を申し出たことが、その後の『太陽にほえろ!』の枠組みを決めたというわけです。萩原氏の降板理由としては、ボスを演じる石原裕次郎氏との対立が大きかったようですが、萩原氏は近年でも、石原氏は下手な役者で、ボスではなくブスと言ってやった、などと発言しています。まあ萩原氏も大根だとは思いますが、石原氏も萩原氏も、演技は上手いとはいえないものの、スター俳優としての華はじゅうぶんあると思います。

 さて、ストーリーですが、『太陽にほえろ!』の歴代の殉職の回では文句なしに一番の出来だと思います。後の殉職では過剰な演出が鼻につくところがあるのですが、マカロニ殉職の回はそういったところがなく、ストーリーもしっかりしているだけに、緊張感をもって面白く見ることができます。マカロニの発言が原因となってゴリさんが重傷を負い、マカロニは暴走して山さんに叱責され、命だけは粗末にするな、傍迷惑だからな、と山さんに冷たくあしらわれるものの、マカロニが犯人に殺されそうになったところを、命がけで救ったのは山さんでした。山さんによる命がけの救出に感動したマカロニは、刑事になってよかったと療養中のゴリさんに語りかけますが、その直後、帰宅途中に暴漢に刺されて死にます。

 未熟な若手刑事が叱責されて暴走し、ベテラン刑事を誤解していたのが、自分の危機を命がけで救ってくれたことにより、その誤解がとけ、刑事としての誇り・喜びを感得します。失敗→誤解・暴走→危機脱出→和解・成長という青春ドラマらしいストーリーがだれることなく描かれ、その直後の思いがけない悲劇だけに、強烈な印象を残します。幸福・安堵の直後またはそれが実現する直前の殉職という悲劇のパターンは、その後の殉職の回でも踏襲され、ジーパンは婚約直後、テキサスは本庁への栄転直前、ボンはボスから誇りに思うと誉められた直後、殿下は海外で手術・リハビリをした婚約者が帰国し再会する直前に殉職しています。良くも悪くも、その後の『太陽にほえろ!』の路線に大きな影響を及ぼした回でした。

"『太陽にほえろ!』52話「13日金曜日マカロニ死す」10" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント