大河ドラマ『花燃ゆ』第7回「放たれる寅」

 今日はもう1本掲載します。今回は、吉田寅次郎(松陰)をめぐる長州の各主要人物の動向が中心になって描かれました。それぞれの思惑や個性が描かれており、まずまずよかったのではないか、と思います。椋梨藤太は本作では悪役という扱いなのでしょうが、単純な悪役というわけではなく、人物造形に工夫が見られるように思われるので、今後の出番も楽しみです。

 前半は、寅次郎の出番が少ないな、とやや疑問に思ったのですが、中盤以降は寅次郎の出番も増えました。獄中の人物は皆わりとキャラが立っていたので、獄中での寅次郎の様子がもう少し描かれるとよかったかもしれませんが、くどくなるというか、だれる可能性もあるので、これでよいのかもしれません。大河ドラマは長いので、時として喜劇的な場面が必要かもしれませんが、本作は深刻なほど重い作風ではありませんので、今回の杉家の喜劇は削ってもよかったのではないか、と思います。

" 大河ドラマ『花燃ゆ』第7回「放たれる寅」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント