大河ドラマ『おんな城主 直虎』第35回「蘇りし者たち」

 これは9月5日分の記事として掲載しておきます。徳川軍が気賀に攻め込んだと知った直虎(次郎法師)は気賀に行き、瀕死の状態の龍雲丸を見つけ、懸命に看病しますが、厳しい容態が続きます。しかし、直虎の看病の効果か、龍雲丸は意識を回復します。徳川軍の気賀での残酷な対応に脅えた大沢基胤は徳川に降伏します。いよいよ今川氏真の立て籠もる掛川城へと後顧の憂いなく攻め込むことができる、と酒井忠次は意気軒昂ですが、家康は今川との和睦を模索します。家康は氏真と面会し、二人は率直に意見を交わします。家康は遠江全域を支配し、氏真は北条に退くことになります。しかし、酒井忠次が懸念したように、武田信玄はこの徳川の動きに激怒します。

 今回は龍雲丸の回復が描かれました。龍雲丸は架空の人物だけに、今後の役割をかなりの程度自由に描けるでしょうから、注目されます。井伊にとって厳しい状況が続くなか、瀬戸方久が新たな商売の道を見出したり、隠れ里の井伊家中の者たちが小野政次(鶴丸)を偲んでいたりと、希望があるというか一息つけるような場面も描かれました。しかし、信玄の激怒は、今後の厳しい展開を予感させます。抜群に面白かったわけではありませんが、家康と氏真の関係など、今後の展開を楽しむうえで見逃せない回だったと思います。

"大河ドラマ『おんな城主 直虎』第35回「蘇りし者たち」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント