テーマ:古人類学

徳之島出土人骨のmtDNA分析

 本論文(篠田他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。鹿児島県徳之島は、奄美群島のほぼ中央に位置する離島の一つで、その位置から、南方より日本列島への流入経路と考えられるだけではなく、古来より沖縄本島と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島県南種子島町広田遺跡出土人骨のmtDNA分析

 本論文(篠田他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。弥生時代以後期後半~古墳時代(紀元後3~7世紀)の鹿児島県南種子島町広田遺跡では、合計158体の人骨と多数の貝製品が出土しています。弥生時代から古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南九州古墳時代人骨のmtDNA分析

 本論文(篠田他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。九州南部東側地域では、紀元後5世紀初頭から7世紀前半の古墳時代に、墳丘を造らず地下の玄室に遺体を葬る、地下式横穴墓が造られていました。地下式横穴墓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島県内出土縄文人骨のミトコンドリアDNA分析

 本論文(篠田他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。出水貝塚は鹿児島県出水市にある縄文時代後期の遺跡です。1919年には貝塚と確認され、1954年には本格的に発掘調査され、4体の人骨が出土しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堺市野々井二本木山古墳出土人骨のミトコンドリアDNA分析

 本論文(篠田他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。大阪府堺市の野々井二本木山古墳では、松林を開墾中に和泉砂岩製の刳抜式石棺が見つかり、2体の人骨が頭位を同じ方向に向けて葬られていました。棺蓋と棺身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフリカにおける最古の埋葬

 取り上げるのが遅れてしまいましたが、アフリカにおける最古の埋葬に関する研究(Martinón-Torres et al., 2021)が報道されました。アフリカにおける現生人類(Homo sapiens)の起源と生物学的および文化的進化について、ますます精密に調べられています(関連記事1および関連記事2)。埋葬慣行は現生人類の進化の重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛知県清須市朝日遺跡の弥生時代人骨のmtDNA分析

 本論文(篠田他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。朝日遺跡は東海地方西部を代表する弥生時代の遺跡で、長期にわたる発掘調査により、多数の遺物とともに人骨が出土しています。1970年代の発掘では、弥生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の三国時代の人骨のmtDNA分析

 本論文(篠田他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。これまでの形質人類学では、現代日本人の形成の考察において重要なのは、「縄文人」と「弥生人」の関係とされ、多くの研究が提示されてきました。現在ではそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡県那珂川市安徳台遺跡出土弥生中期人骨のDNA分析

 本論文(篠田他.,2020)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2018年度】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。福岡県那珂川市の安徳台遺跡は弥生時代中期の大規模な集落で、1997年~2003年までの7年間の発掘により、集落跡からは多くの住居跡や豊富な副葬品のある首…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アメリカ大陸への人類の移住に関する総説

 アメリカ大陸への人類の移住に関する総説(Willerslev, and Meltzer., 2021)が公表されました。アメリカ大陸への人類の移住に関する研究は、とくに遺伝学の分野で21世紀になって大きな進展があり、最近までの関連諸研究をまとめた本論文はたいへん有益です。ゲノミクスの登場前には、アメリカ大陸への移住の遺伝的証拠は、母系…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高松市茶臼山古墳の古墳時代前期人骨の核DNA分析

 本論文(神澤他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。香川県高松市の高松茶臼山古墳は、古墳時代前期の讃岐における最大規模の前方後円墳です。1967年に発掘調査が行なわれ、第Ⅰ主体部から第Ⅷ主体部までの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シチリア島の絶滅ゾウの小型化過程

 シチリア島の絶滅ゾウの小型化過程に関する研究(Baleka et al., 2021)が公表されました。この研究はオンライン版での先行公開となります。島での進化は、小型化や大型化など、比較的短期間でさまざまな表現型の変化を引き起こす可能性がある過程です(島嶼化)。これらの表現型の変化率を調べることは、新たな環境への適応の速度と柔軟性へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出雲市猪目洞窟遺跡の古代人骨の核DNA分析

 本論文(神澤他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。日本人の成立に関して形態学的研究では、弥生時代にアジア東部大陸部から朝鮮半島経由で九州北部に到来した多数の「渡来人」が在地の「縄文系」と集団と混合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鳥取市青谷上寺遺跡の弥生時代人骨の核DNA分析

 本論文(神澤他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。鳥取県鳥取市(旧気高郡)青谷町の青谷上寺遺跡は、弥生時代前期末から古墳時代初期の遺跡です。1998年度から2000年度の発掘調査で、2区から単独の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MIS5のチベット高原における人類の存在と石器

 海洋酸素同位体ステージ(MIS)5のチベット高原における人類の存在と石器に関する研究(Cheng et al., 2021)が公表されました。高地(標高2500m以上)環境への適応成功は、人類の進化と拡散における重要な画期的事象です。高地の極端な環境、とくに低酸素症は、いくつかの形態の高山病を起こす可能性があります。医学的および生物人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀県唐津市大友遺跡の弥生時代早期人骨の核DNA分析

 本論文(神澤他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。同じ著者たちによる長崎県佐世保市下本山岩陰遺跡の弥生時代の人類遺骸のDNA解析結果を報告した研究を当ブログで取り上げたさい(関連記事)、コメントで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レヴァントの中期更新世の人類化石と石器

 レヴァントの中期更新世の人類化石と石器に関する二つの研究が報道されました。日本語の解説記事もあります。一方の研究(Hershkovitz et al., 2021)は、レヴァントの中期更新世(77万~126000年前頃)の新たなホモ属化石を報告しています。最近の歯や下顎や遺伝(関連記事1および関連記事2)や人口統計に関する研究では、ネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さまざまな現生人類起源説

 現生人類(Homo sapiens)の起源に関して、日本(に限らないでしょうが)では多地域進化説とアフリカ単一起源説との対立という図式で語られることが多いようですが、単純に二分できる問題ではないと思います。現生人類アフリカ単一起源説は一般的に、次のように認識されていると思います。現生人類の唯一の起源地はアフリカで、世界中への拡散の過程…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未確認生物とも噂されてきたコーカサス南部の女性の正体

 未確認生物とも噂されてきたコーカサス南部の女性遺骸のゲノム解析結果を報告した研究(Margaryan et al., 2021)が公表されました。コーカサス南部のアブハジアの民間伝承によると、ザナ(Zana)と呼ばれる「野生の女性」が19世紀に存在し、一部の地元民からアブナウアユ(Abnauayu)もしくはアルマスティ(Almasty…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西北九州弥生人の遺伝的な特徴

 取り上げるのがたいへん遅れてしまいましたが、西北九州「弥生人(弥生文化関連個体)」の遺伝的な特徴に関する研究(篠田他., 2019)が報道されました。最近、「弥生人」の遺伝的構成に関するやり取りを見かけたこともあり、「弥生人」の遺伝学的側面の基本文献となる本論文を取り上げるとともに、本論文刊行後の研究にも言及します。  弥生時代…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

11000年前頃以降の中国南部の人口史

 11000年前頃以降の現在の中華人民共和国広西チワン族自治区一帯の人口史に関する研究(Wang et al., 2021)が公表されました。この研究はオンライン版での先行公開となります。アジア東部および南東部における現生人類(Homo sapiens)の歴史は長く、古代人のDNAに基づく最近の研究では、アジア南東部と中国南部(本論文で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デニソワ洞窟の堆積物のmtDNA解析(追記有)

 シベリア南部のアルタイ山脈のデニソワ洞窟(Denisova Cave)の堆積物のミトコンドリアDNA(mtDNA)解析結果を報告した研究(Zavala et al., 2021)が公表されました。この研究はオンライン版での先行公開となります。シベリア南部のデニソワ洞窟は、種区分未定のホモ属であるデニソワ人(Denisovan)だと初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジア東部における初期現生人類の拡散と地域的連続性

 最近、人類集団の地域的連続性に言及しましたが(関連記事)、その記事で予告したように、近年大きく研究が進展したアジア東部に関してこの問題を整理します。なお、今回はおおむねアムール川流域以南を対象とし、シベリアやロシア極東北東部は限定的にしか言及しません。初期現生人類(Homo sapiens)の拡散に関する研究は近年飛躍的に進展しており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルタイ山脈のネアンデルタール人の新たなゲノムデータ

 シベリア南部のアルタイ山脈のネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)の新たなゲノムデータに関する研究が報道されました。この研究は、今月(2021年6月)1~4日にかけてオンラインで開催された第9回生体分子考古学国際研究討論会で報告されたそうです。この研究が論文として公表されるのはしばらく後かもしれませんが、たい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東アジアの考古学は国の歴史以外のなにものでもない

 検索して見つけた報告(吉田.,2017)で、表題の興味深い指摘を知りました。この報告によると、「東アジア」諸国の考古学は以下の3種類に区分されているそうです。それは、中華人民共和国とベトナム社会主義共和国と朝鮮民主主義人民共和国で顕著な「土着発展(The indigenous development model)」型、日本国で顕著な「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

港川人のミトコンドリアDNA解析

 港川人のミトコンドリアDNA(mtDNA)解析結果を報告した研究(Mizuno et al., 2021)が報道されました。ユーラシア大陸と北アメリカ大陸と太平洋とフィリピン海プレートの境界に位置する日本列島は、1500万年前頃までにアジア大陸から分離して形成されました。考古学的証拠からは、4万~3万年前頃に日本列島に最初の人々が出現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤本透子、菊田悠、吉田世津子「中央アジアにおける移動と接触―ものの形態に反映される人の行動パターン」

 本論文は、文部科学省科学研究費補助金(新学術領域研究)2016-2020年度「パレオアジア文化史学」(領域番号1802)計画研究B01「アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」2020年度研究報告書(PaleoAsia Project Series 32)に所収されています。公式サイトにて本論文をPDFファイルで読めます(P15-23…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボノボの高品質なゲノムデータ

 ボノボ(Pan paniscus)の高品質なゲノムデータを報告した研究(Mao et al., 2021)が公表されました。ボノボとチンパンジー(Pan troglodytes)は現代人(Homo sapiens)にとって最も近縁な現生種で、両者の分岐は170万年前頃と推定されています。両者の遺伝的データにより、現代人に固有の遺伝的変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア北部の16000年前頃の人類のDNA解析

 イタリア北部の16000年前頃の人類遺骸のDNA解析結果を報告した研究(Bortolini et al., 2021)が公表されました。イタリアのヴェネト州のリパロ・タグリエント(Riparo Tagliente)遺跡は、南アルプス山脈の斜面における人類居住の最初の証拠を表しますが、この地域で主要な氷河が交代し始めたのは17700~1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初期現生人類のアフリカからの拡散

 初期現生人類(Homo sapiens)のアフリカからの拡散に関する研究(Vallini et al., 2021)が公表されました。本論文は査読前なので、あるいは今後かなり修正されるかもしれませんが、一度まとめようと考えていた現生人類の初期のアフリカからの拡散を取り上げており、ひじょうに興味深い内容なので取り上げます。現生人類のアフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more